何も言わない

画像

終了のホイッスル後ににディアラと衝突したキース・アンドリューズ.
ディアラの発言が何であったかは拒否.

「私たちがワールドカップを得るためにより多くのモチベーションが必要ならば、
 間違った何かが私たちにあるでしょう。
 それは、なんでもありません。
 仲間は彼が言ったことに完全に気づいています。
 しかし私たちは余分なモチベーションを本当に必要としません。
 ワールドカップを始めるつもりでいます。
 それは確かに終わっていません。
 私が感じた私のほうにではなく仲間へ向けられた失礼な彼らの選手のひとつのコメントで、
 少し我を失いました」

「私は言いたくありません。
 監督がそれについてコメントしたということを知っています。
 大きな2試合の最中です。
 たとえ誰のためにプレーしても、その種類のコメントを仲間のプロは本当に期待しません。
 それが本当に必要でなかったコメントだと感じました。
 特にタイが途中で終わっているだけであると考えました」

「確かに試合から得る多くのポジティブがありました。
 私たちは可能性を作りました。
 2~3の決定が敵にありました。
 しかし私たちは同様によくなることができると知っています。
 それが私たちの最高のパフォーマンスでなかったこと、
 この試合を完全に楽しみにしていることを知っています。
 彼らを2~3の可能性に制限しました。
 私たちがペースを強制してこの試合に私たちの権限を押すことを期待して
 そこへ行くつもりであるのを感じています」



ディアラは、「アイルランドはトラブルを探していた」とのコメント.

どちらにも言い分はある.
何が正しいことなのかはわからないけれど
アンドリューズが感じた怒りは、パリでゴールに変えてくれればいいさ.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック